マンスリーマンションで臨機応変に|不動産選びで変わる生活

インテリア

注意すべき敷金トラブル

部屋

退去時に揉めるケースも

富士市で賃貸住宅を借りる際に注意したいのは、入居時に支払う敷金です。賃貸住宅の入居者には、原状回復義務というものが課せられます。これは、入居者が故意や過失で部屋に傷や汚れなどをつけた場合、その修繕をして元の状態に戻したうえで部屋を返さなければならない、というものです。敷金は、その修繕費用にあてられるもので、退去時にはそれを差し引いた額が返還されることになりますが、ここでトラブルになるケースもあります。修繕された損傷が本当に自分が原因のものなのか、修繕が本当に必要なものなのか、などをめぐって退去時に貸主と揉めることも少なくありません。富士市でも、敷金制度を採用している賃貸住宅が多いので、契約前に原状回復義務の範囲なども含め、貸主に確認しておくことが大切でしょう。

トラブルを避けるために

こうした富士市での賃貸住宅の敷金トラブルは、入居時からの工夫で避けることが可能です。入居時に部屋に荷物を運び込む前に、部屋の状態をチェックし傷や汚れがないか確認、ある場合はすぐに貸主に連絡して対処してもらいます。また、部屋の写真を撮っておき、状態を記録して退去時に比較参考にできるようにしておくと安心です。入居中は普段から丁寧に扱い、こまめに掃除するなどお手入れをしっかりして部屋を良好な状態に保つようにします。特に台所の油汚れなどは落ちなくなる前に、対処することが大切です。退去時は、できれば貸主に立ち会ってもらい、一緒に部屋の状態をチェックしてもらいましょう。退去後は修繕費の見積もり内容が届くことになりますが、内訳を確認し疑問点があればすぐに貸主に連絡します。納得できない場合は、富士市の他の専門業者に修繕費を見積もってもらうことも考えましょう。

Copyright© 2015 マンスリーマンションで臨機応変に|不動産選びで変わる生活All Rights Reserved.